職場のパワハラ日記~完結~

日常の中の、
ほんの些細な喜怒哀楽を
語らせてやってください🌸

オバチャンばかりの職場で

今日は、最低限の仕事だけ済まし、途中退勤で帰ってきました。


体調が優れないと嘘を偽り。


こっちを見る視線が気持ち悪いエロメタボ親父上司。


何かを訴えかけたい様だが、

わしゃ知らん。

そんな事より仕事してくれ…。

こーゆーの、こっちは何も言えないし、

一番タチが悪い。


オッサンに変な期待を持たさぬように絶対に視線を合わせない。


私よりもっと年上の女性職員達には冷たい。

そんな事をするから、

とばっちりが全部私にくる。

止めてくれよ…。頼むわ…。


気持ち悪いから相手にせずにいると

嫌がらせを仕掛けてくる。


オバチャンのイケズにも嫌気が差すが、

コイツにはもっと嫌気が差す。


金のために6年間耐えて来たが、

そろそろ限界。


妖怪の舘から、本気で退散を決心した。

職場いじめ

職場のいじめ。


こちらが反応するのは相手の思うつぼ。


陰湿な嫌がらせは、何年経っても平行線だ。


こちらが反撃しょうが、無視しようが、もの凄くしつこいし、やり方も汚いし…。


まるで悪霊が周りの人間に取り憑いて、私の心を見透かして邪魔をしているかの様…。


そんな気がすること、ありませんか?


自分の存在が嫌になって絶望感でいっぱいになって消えてしまいたくなる。


逃げたいけど逃げられない。

無力な自分。


もっと自分に自信をつけるとか、そーゆー問題じゃあないような…。


目に見に見えない力には敵わないような気がする…。


でも、生き抜かないと。

神様との約束だから。


体さえ動けばなんとかなる。

世の中、もっと大変な人もいるから。


そうは言うけど、でもね、本当に一杯一杯な時には、

そんなふうに考えられないよね?


でも、なんとか頑張っていくしかないよね…。

元気出せ私

自分の居場所、何処にもない気がして。

昔からずっと、そんな気持ちで生きてきて、今に至る。。

一体、いつになったら、こんな虚しい気持ちから解放されるのだろうか。

ずっと出口のない長~~~~~~~~~~~~ぃ

トンネルから抜け出せないでいる。

このまま抜け出せず死んでいくのだろうか。。笑