強く生きねば…。

🌸不器用にしか生きられない私の胸のうち。日々の葛藤などを綴っています。ま~早い話ほとんど愚痴ですわな?(笑)すんません😂  

日常の中の、
ほんの些細な喜怒哀楽を
語らせてやってください🌸

天邪鬼

主は天邪鬼。(あまのじゃく)


歳を取ると、誰でも、そうなるのかな…。


単純で扱い易い人は、まだ可愛いが、


天の邪鬼は扱いにくい。



だいたい天の邪鬼な人って、

頭が良い人が多くない?



そして、人の心の動きを

常に、じっと観察している…。


主自身も、長く生きてる分、酸いも甘いも、

知り尽くしているので、


何をすれば、人が歓び、

何をすれば、人が悲しむか、


自身が体験済みなので、

人の気持ちが、手に取るように判っている。


そうやって主は、常に私の心の動きを読んでいる。


ただし、仕事を潤滑に進めるための行動ではない。


私が今、何を考えてるか。

私が今、何をしようとしているか。

私が今、どんな感情を持っているか。


一挙手一投足、

駒送りで、じっと観察している。


何度も言うけど、

仕事のためじゃない。


隙あらば、

揚げ足を取ろうと、虎視眈々と待ち構えているのだ。


なんで、わざわざそんな事するのか?


私に少しずつ、

ストレスを与えて、

体力を奪い、精神力を奪い、やる気を奪い、


弱らせるのが目的でしょう。


真綿で首を締めるように。


そうやって、

私の行動を読み、

先回りをして邪魔します。


私が、喜んだり、笑ったりしてると


気に入らないのか、


すぐに水を差してきます。


他の同僚には愛想良く話し掛け

笑顔を投げ掛けます。


主が自分の話をする時も、

他の同僚の顔ばかり見て話し、

私の顔はいっさい見ようとしません。


仕事の指示をする時も、

私の顔は見ず、他の人の顔しか見ない。


見る時は、まるで獣かゴミを見るかの如く。


キツい目で見てきます。


自分の母親を思い出します。


自分の存在価値に自信が持てなくなる。


何処まで身が持つかな…。


負けたくないな。





読んでくださり、ありがとうございます(^_^)

主のご機嫌と女心

職場の主(ぬし)は、


バツイチの独り身である。


それはそれで良いと思う。


人生は人それぞれだから。


もう長年、それで生きて来てる人だから。


女1人で、生活するって大変なことだろう。


私には無理だ。


でも、やっぱり、歳は取っても、


女は女。


もとは女。私も元は女。笑


出来るなら、いつまでも、男性には、ちやほやされていたい。←願望。笑


ちやほやされると悪い気はしない。

ただし相手にも寄りますが。


なぜか?

女性として認めてもらいたいから。


人はある程度、妥協して生きているからだと思う。


もう、手遅れだけど、やり直せるなら、

もう一度、人生やり直したい。


そう心の片隅で、呟きながら、生きているのだ。


現実と妄想の間を行ったり来たりしながら。


でも、私はもう配偶者もいることですし

不倫願望などは決してございませんが、


時間を巻き戻し、やり直したい。

と思うことは、しょっちゅうです。笑


すみません話を本題に戻します。


なので、主もやっぱり、心は女なのです。

どう足掻いても、

結局は、女なのです。

そこからは、逃れられないのです。

悲しいかな。


なので、女の人は自分より若い女性に

嫉妬するのです。


どうにもならない自分に失望しているのです。


………………というのが、


今の主の心のメカニズムだと思っています。


前職場の退職した元主の女性も、男好きでした。


今の職場の主も、

今日は

ある男性に挨拶したら無視されたと、


それはそれはご機嫌が悪くて😅💦


私は彼女のサンドバック状態です。笑


私が彼女より若いからとかではなく、


ただ単に当たり易いのでしょう。


はぁ…全国のサラリーマンの方の気持ちが

よくわかります。違うか?




へたくそな折り紙を、

ちょっと、ええカッコしてupしてみました😂

シャチハタの判子が入る大きさです。

いつも玄関に置いてます🎵




今日も来てくださり、

ありがとうございました🙇🍀😊

他人の事が気になる人

他人のことが、気になって気になって、仕方ない人


皆さんの身近にも居はりませんか?


それが、ご近所さんだと、


気持ち悪いです。笑


増して、お隣さんとか、お向かいさんとかに


なると、


ほんっと気持ち悪いです。⤵🆘


うちの場合は、斜め向かいのお宅の奥さん。


私と同世代です。


私は、今住んでる場所に引っ越してきて

6年ぐらい。


あちらの奥さんは、


もうとっくの昔から永く住んでる人で、


引っ越してきた当初は、ちょっと親切に町内のことなど、教えてくれるってゆ~か…。


でもボス的な匂いがしていたので、正直、

私はちょっと苦手やったんやけど。


越してきて2年ぐらいした頃、うちが町内の

組長することになって。


そしたら町内会費とか、

共同募金とか、集めに行きますやんか。


一件一件お邪魔して。


ほんで、その奥さんのお宅にも行ったんです。


募金集めに行った時ですわ。


ほな、急に、私の喋り口調が変やとか


怒り出さはってねっっ。笑


『○○さんとこの奥さんも、腰低いけど、


お宅はそれ以上やね‼💢』


とか言い出さはって。


私は、あんぐり口を開けたまんま、

暫く呆然としていました。


当たり前やん……お金集めに来てるんやから…。


普通に考えて、当然やろ…。


なんじゃ、こいつは…。


そのうち、『それって職業病なん?💢』


とか向こうが、言い出して


あまりに聞くに耐えないので、


喋ってんのも馬鹿らしくなり、


『すいませんね、こんな奴で』


と言い、とっとと帰りました。


以前にも、私の職業が何か聞いておいて、


『へぇ、ええなあ、私も、そんな雑用的な仕事がしたいわ』


とか言ってよりましたわ。失礼な。笑


彼女は自分も仕事してると言ってましたが、


どう見ても、仕事に行ってるようには見えず。


でも仮に彼女が専業主婦だとしても、


私は全然オッケーだと思います。


自分が納得して役割をきっちり果たしているならば、


正々堂々としていれば良いやんか。


と思います。


いつも私の行動を向かいの家の中から、よく観察している様です。


その時、私が手に何を持っていたか、とか。


私が玄関先で誰と話していたか、

その人は手に何を持っていたか。


あのあと、嫌でも彼女と話さなければならなかった時、


彼女が自分でそう言っていました。


彼女の"忙しいですアピール"も説得力が無い。



私が仕事から帰って来て、家入る前に、鞄から家の鍵を取り出したりとかで、少しでも、もたもたしてると💦

すぐに向かいの玄関の中から鍵の、カチャ…と開ける音がしたと思えば、


彼女が出てきて、車に乗って出掛けて行きます。


当て付けか?


まあ、どうでもいいけどね。




私のご近所物語、


今日はこれで。😊



長い文面、読んでくださり、本当にありがとうございました🍀🙇