🌸ãƒĸãƒĒãƒŗã‚Ŧさんぎæ—Ĩ記🌸

æ—Ĩ常ぎ中ぎ、
ãģんぎäē›į´°ãĒ喜怒哀æĨŊを
čĒžã‚‰ã›ãĻやãŖãĻãã ã•ã„đŸŒ¸

垊æ´ģã§ã™đŸ€

いつもčĒ­ã‚“ã§ãã ã•ã‚Šã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã”ã–ã„ãžã™đŸ™‡

こんãĒ愚į—´ã‚ŠãĢおäģ˜ãåˆã„しãĻくださãŖãŸã‚Šã€å…ąæ„Ÿã—ãĻいただけãĻ、大変åŦ‰ã—ãæ€ã„ãžã™đŸ˜†


おかげさぞで、æ—Ļé‚ŖぎäŊ“čĒŋもだいãļん回垊し、æĨé€ąã‹ã‚‰äģ•äē‹ãĢåžŠå¸°ã§ããã†ã§ã™đŸ‘âœ¨


į§ã‚‚äģ•äē‹ã‚’一æ—Ļäŧ‘ãŋを取らせãĻいただけたことãĢよãŖãĻ、気分čģĸæ›ãŒã§ããŸãŽã§č‰¯ã‹ãŖたと思いぞす。


『į„Ąã€ãĢãĒることができぞした。įŦ‘

そういう意å‘ŗではæœŦåŊ“ãĢįˆŊやかãĒäēŒæ—Ĩé–“ã§ã—ãŸã€‚đŸ˜‚


æ—Ļé‚ŖぎイãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļは可哀æƒŗでしたが。

æ—Ļé‚Ŗもよく頑åŧĩりぞした。įŦ‘





æƒ…å ąãĢよると、


į§ãŒäŧ‘んでる間、ä¸ģとã‚Ēッã‚ĩãƒŗBは、

äģ•äē‹ããŖãĄãŽã‘ã§ã€įžå ´ãĢčĄŒã‹ãšã€

äē‹å‹™æ‰€ã§ãšãŖとお喋りばかりしãĻいたそうです。


į§ã¨ãŠã°ãĄã‚ƒã‚“は、朝、始æĨ­æ™‚間より旊めãĢ、įžå ´ãĢ行ãŖãĻも、そぎ分ぎおįĩĻ料はå‡ēãĒいけお、


ä¸ģは、そぎ分を、おįĩĻ料としãĻã‚ŋイムã‚ĢãƒŧドãĢč¨˜éŒ˛ã—ãĻいるぎです。


ãĒぎãĢäēŒæ—Ĩ間朝から、ずãŖとäēŒäēēはįžå ´ãĢčĄŒã‹ãšãĢ、しばらくäē‹å‹™æ‰€ãĢįą ãŖたぞぞ、

ä¸ģが新しくčŗŧå…Ĩã—ãŸđŸ“ąã§éŠã‚“ã§ã„ãŸãã†ã§ã™ã€‚


それはã‚ĸã‚ĢãƒŗやろãŖãĻね。


äģŠæ—Ĩã¯ãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã¨į§äēŒäēē一įˇ’ぎįžå ´ã§ã€

åŋ™ã—くしãĻいぞした。


ä¸ģはį§é”とはåˆĨぎ場所でäŊœæĨ­ã—ãĻいると思ãŖãĻいぞした。


が、


ãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã¨į§ãŒã‚る場所ãĢį§ģ動すると、


ä¸ģがそこãĢおり、ã‚Ēッã‚ĩãƒŗBもäŊ•æ•…かそこãĢ

いるではありぞせんか。


ã‚Ēッã‚ĩãƒŗBãĒんでã‚ĸãƒŗã‚ŋがそこãĢいるねんãĒâ€Ļ。

įžå ´ãŒå…¨į„ļãĄãŒã†ãŽãĢ。


暇ãĒんかįŸĨらんけお、

そぎ気ãĢãĒれば、いくらでも、

やることあるやろ。


į§é”が、åŋ™ã—くしãĻいる間、


ä¸ģとã‚Ēッã‚ĩãƒŗBã¯ãžãŸã€đŸ“ąã‚’ã‚ĒãƒĸチãƒŖãĢしãĻ、あãƒŧだこãƒŧだお喋りしãĒがら、手が厌全ãĢæ­ĸぞãŖãĻしぞãŖãĻいる。


ã‚Ēッã‚ĩãƒŗBはåĨŗ子ぎ様ãĒはしゃぎ様。


ãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã¨į§ã¯ã€


ええæ­ŗこいたį”ˇã€ã„ã‚„ã‚Ēッã‚ĩãƒŗが、

åĨŗ子ãŋたいãĢはしゃぎぞくãŖãĻ

情けãĒいãĒぁと、


呆れãĻぞした。


åŽļãĢ帰ãŖãĻæ—Ļé‚ŖãĢãã‚Œã‚’čŠąã™ã¨ã€


『それは内部告į™ēしãĻã‚‚č‰¯ã„ãã‚‰ã„ã‚„ã§ã€


とį”ŗしãĻおりぞす。


ä¸ģãĢč¨€ã„ãŸã„ã§ã™ã€‚


『į§ã‚‰ã‚’į›ŖčĻ–する前ãĢ、あãĒたč‡ĒčēĢがäģ•äē‹ã‚ĩボãŖãĻるやん、それãŖãĻおかしいでしょ』ãŖãĻ。


こんãĒéĸ¨ãĢだんだん、少しずつ、


ボロがå‡ēãĻããã†ã§ã™ã­ã€‚đŸ˜