パワハラ日記、完結からのその後

日常の中の、
ほんの些細な喜怒哀楽を
語らせてやってください🌸

権力

今朝、出勤早々から、主の嫌がらせがあった。


清掃の仕事なのだが、


道具の入った鞄を、各自持ち歩いている👜


退勤する時は、鞄はロッカーに入れず、テーブルのフックに掛けて帰る。


他の人もそうしている。


鞄の中味は、新しいゴミ袋とかゴム手袋、雑巾の替え、お茶などを入れている。


そんなに汚ない物は入ってないが、

汚れた手で、持ち手を触るから、

気持ち悪いのでロッカーには入れない。



今朝、出勤した時、事務所に主がいたので、

挨拶したら、無視。


もう一度、大きな声で挨拶したが、また無視。


私がロッカーで着替えてる間に、


そのまま主は黙って事務所を出て行った。


ロッカーを出て、自分のバッグ👜を見ると、


汚ないドアストッパーが入っていた。


こんな汚ない物、黙って入れんといてよ💢


私はそれをバッグから出して、


テーブルの上の、いつも主が座る場所へ置いてやった。


後で、主は弁解してきた。


『これは、あんたの所のストッパーやんか。

あんた、昨日、非常階段のドア開けてへんやろ。ストッパー無かったんと違うんか?』


『私は昨日、ちゃんと開けましたっっ。』


『ストッパー無いのに、どないしてドア開けるんやなっ、早くこのストッパー持って行ってドア開けといで!』


『なんで私が行かないと駄目なんですか?

●●さん行ってきてください。

私は行きません❗』


主は自分でストッパーを持って行った。



主が言ってることは嘘だ。


昨日、私は偶然見つけた。


主の担当している場所の非常口のドアが閉まったままだった。

時間的にもう、掃除は終わってるはずやのに…。

開け忘れたんやろか?

不思議に思ってストッパーを探したが何処にも

見当たらない。


昨日、そこにストッパーが無かったのは、

主が自分で持ち出して、私の鞄の中に

朝、入れておくためだったのだろう。


私の仕事に、

落ち度があった様にするために。


私は昨日確かに自分の担当のドアは開けた。


どちらにせよ、汚ないストッパーを人の鞄に入れるのは、おかしい。


今朝、挨拶二回とも無視された段階で、


どうも胡散臭いと思ってた。


なんで、その時に、ストッパーのことを


言わなかったのだ⁉


そして、抗議をすると


逆に被害者の私が悪者にされてしまう。


誰も味方には、なってくれず、


見て見ぬ振りをするだけ。


権力には、敵わない。