🌸ãƒĸãƒĒãƒŗã‚Ŧさんぎæ—Ĩ記🌸

æ—Ĩ常ぎ中ぎ、
ãģんぎäē›į´°ãĒ喜怒哀æĨŊを
čĒžã‚‰ã›ãĻやãŖãĻãã ã•ã„đŸŒ¸

樊力

äģŠæœã€å‡ē勤旊々から、ä¸ģぎåĢŒãŒã‚‰ã›ãŒã‚ãŖた。


清掃ぎäģ•äē‹ãĒぎだが、


é“å…ˇãŽå…ĨãŖた鞄を、各č‡ĒæŒãĄæ­Šã„ãĻã„ã‚‹đŸ‘œ


退勤する時は、鞄はロッã‚ĢãƒŧãĢå…Ĩれず、テãƒŧブãƒĢぎフックãĢ掛けãĻ帰る。


äģ–ぎäēēもそうしãĻいる。


鞄ぎ中å‘ŗは、新しいゴミčĸ‹ã¨ã‹ã‚´ãƒ æ‰‹čĸ‹ã€é›‘åˇžãŽæ›ŋえ、おčŒļãĒおをå…ĨれãĻいる。


そんãĒãĢæąšãĒいį‰Šã¯å…ĨãŖãĻãĒいが、

æąšã‚ŒãŸæ‰‹ã§ã€æŒãĄæ‰‹ã‚’č§Ļるから、

æ°—æŒãĄæ‚Ēいぎでロッã‚ĢãƒŧãĢはå…ĨれãĒい。



äģŠæœã€å‡ē勤した時、äē‹å‹™æ‰€ãĢä¸ģがいたぎで、

挨æ‹ļしたら、į„ĄčĻ–。


もう一åēĻ、大きãĒåŖ°ã§æŒ¨æ‹ļしたが、ぞたį„ĄčĻ–。


į§ãŒãƒ­ãƒƒã‚Ģãƒŧでį€æ›ŋえãĻる間ãĢ、


そぎぞぞä¸ģはéģ™ãŖãĻäē‹å‹™æ‰€ã‚’å‡ēãĻ行ãŖた。


ロッã‚Ģãƒŧをå‡ēãĻ、č‡Ēåˆ†ãŽãƒãƒƒã‚°đŸ‘œã‚’čĻ‹ã‚‹ã¨ã€


æąšãĒいドã‚ĸ゚トッパãƒŧがå…ĨãŖãĻいた。


こんãĒæąšãĒいį‰Šã€éģ™ãŖãĻå…ĨれんといãĻよđŸ’ĸ


į§ã¯ãã‚Œã‚’バッグからå‡ēしãĻ、


テãƒŧブãƒĢぎ上ぎ、いつもä¸ģがåē§ã‚‹å ´æ‰€ã¸įŊŽã„ãĻやãŖた。


垌で、ä¸ģはåŧč§ŖしãĻきた。


『これは、あんたぎ所ぎ゚トッパãƒŧやんか。

あんた、昨æ—Ĩ、非常階æŽĩぎドã‚ĸ開けãĻへんやろ。゚トッパãƒŧį„Ąã‹ãŖたんと違うんかīŧŸã€


『į§ã¯æ˜¨æ—Ĩã€ãĄã‚ƒã‚“ã¨é–‹ã‘ãžã—ãŸãŖãŖ。』


『゚トッパãƒŧį„Ąã„ぎãĢ、おãĒいしãĻドã‚ĸ開けるんやãĒãŖ、旊くこぎ゚トッパãƒŧ持ãŖãĻ行ãŖãĻドã‚ĸ開けといでīŧã€


『ãĒんでį§ãŒčĄŒã‹ãĒいと駄į›ŽãĒんですかīŧŸ

â—â—ã•ã‚“čĄŒãŖãĻきãĻください。

į§ã¯čĄŒããžã›ã‚“❗』


ä¸ģはč‡Ē分で゚トッパãƒŧを持ãŖãĻ行ãŖた。



ä¸ģãŒč¨€ãŖãĻることは嘘だ。


昨æ—Ĩ、į§ã¯åļį„ļčĻ‹ã¤ã‘た。


ä¸ģぎ担åŊ“しãĻいる場所ぎ非常åŖぎドã‚ĸが閉ぞãŖたぞぞだãŖた。

時間įš„ãĢもう、掃除はįĩ‚わãŖãĻるはずやぎãĢâ€Ļ。

開けåŋ˜ã‚ŒãŸã‚“やろかīŧŸ

ä¸æ€č­°ãĢ思ãŖãĻ゚トッパãƒŧをæŽĸしたがäŊ•å‡ĻãĢも

čĻ‹åŊ“たらãĒい。


昨æ—Ĩ、そこãĢ゚トッパãƒŧがį„Ąã‹ãŖたぎは、

ä¸ģがč‡Ēåˆ†ã§æŒãĄå‡ēしãĻ、į§ãŽéž„ぎ中ãĢ

朝、å…ĨれãĻおくためだãŖたぎだろう。


į§ãŽäģ•äē‹ãĢ、

čŊãĄåēĻがあãŖた様ãĢするためãĢ。


į§ã¯æ˜¨æ—ĨįĸēかãĢč‡Ē分ぎ担åŊ“ぎドã‚ĸは開けた。


ãŠãĄã‚‰ãĢã›ã‚ˆã€æąšãĒい゚トッパãƒŧをäēēぎ鞄ãĢå…Ĩれるぎは、おかしい。


äģŠæœã€æŒ¨æ‹ļäēŒå›žã¨ã‚‚į„ĄčĻ–されたæŽĩ階で、


ãŠã†ã‚‚čƒĄæ•Ŗč‡­ã„ã¨æ€ãŖãĻた。


ãĒんで、そぎ時ãĢ、゚トッパãƒŧぎことを


č¨€ã‚ãĒかãŖたぎだ⁉


そしãĻã€æŠ—č­°ã‚’ã™ã‚‹ã¨


逆ãĢčĸĢåŽŗč€…ãŽį§ãŒæ‚Ē者ãĢされãĻしぞう。


čĒ°ã‚‚å‘ŗæ–šãĢは、ãĒãŖãĻくれず、


čĻ‹ãĻčĻ‹ãŦ振りをするだけ。


樊力ãĢは、æ•ĩわãĒい。