パワハラ日記、完結からのその後

日常の中の、
ほんの些細な喜怒哀楽を
語らせてやってください🌸

職場で孤立しないために

人を孤立させる人と言うのは、


言い換えれば、


人を味方に付けるのが上手い人でもあります。


しかし、


そこにはお互い本当の信頼性はなく、


利害関係のみで成り立っています。


特に高齢者ばかりの職場になると、


高齢者の方たちは他人のことを考えている余裕などなく、


その場に自分を存続させる事だけで精いっぱいなのです。


いかに危機感なく、


その場をやり過ごせるか。


権力のある者に、目を付けられない様に


全神経を使います。


内心では反発していても、


表面上は絶対服従を演じ切ります。


権力者はターゲットを孤立させる為なら、


いかなる手段も問いません。


権力者自身が今まで嫌っていたターゲット以外の人間ですら、


掌を返し、自分の味方に引き入れます。


今までその人に無愛想に振る舞っていたのに、


掌を返し、今度は愛想を振り撒き出します。


なので、ターゲットの人間にとっては、


回りの人間は、誰でも、


いつでも、敵になりうる可能性があります。


もし、そうなった場合の予防策として、


気を付けておきたいのは、


不満、悪口を、


絶対、回りの人間に漏らさないこと。


もしくは、


回りの人間の不満、悪口に絶対に同調しない。


軽い気持ちでも、同調するのは危険です。


職場内のすべての人間の不満、悪口は


厳禁🈲


口が裂けても厳禁です。


そして、喧嘩を売られた時、


喧嘩に自信があっても、


相手を打ち負かさないことです。


これをすると、


一時的には気持ちもスカッと晴れますが、


その後に必ず反撃されます。


やり方もかなり卑劣です。


1人ではなく集団で掛かって来ます。


手段は厭いません。


そして、しつこいです。


かなり、しつこい。


ワンパターンな手口でも、


何度も何度も延々と繰り返す。


相手は集団なので、


自分1人で完全駆除することはできません。


なので


反撃を避けるため、


もし喧嘩を売られた時の対処法は、


『はぁ~❔な~んですか~❔』のアホ面付き。


これに限るでしょう。(笑)


そして、


権力者と仲良くなれたら、


それに越したことはないけど、


意地悪な人で、それが無理な場合、


それ以外の回りの人と仲良くした方が得策。


悪口で繋がる関係はすぐに消滅するので、


共通の話題など楽しい事で親睦を深める。


意地悪な権力者の目の前で仲良くすると、


ヤキモチを妬くので、


裏でこっそりと、親睦を深める。


と言う結論に達しました。(笑)


これはあくまで私の経験からの


見解です。


今までの私は正直過ぎたのかも


しれません。


反省…。